練習法 打撃

石川県金沢市・かほく市 精度の高いスイングを身に付ける②

精度の高いスイングを身に付ける

前回に引き続き精度の高いスイングを身に付けるには?
今回は2つ目を紹介していきます

あなたは大丈夫?トスバッティングのやり方

バッティング練習のなかで
トスバッティングをよくやりますよね?

※今回のトスバッティングはトスアップによるバッティング練習のことを指します

ただ日本のトスバッティングは実践向きではない
そして
精度の高いスイングが身に付かないと私は思います

では何故か?

まずトスの投げる位置に問題があります

日本のトスバッティングは斜め45°辺りからトスアップをします
では試合で、斜め45°から投手は投げて来ますか?
恐らく来ることはないと思います

また、斜めから来たボールをセンターに打ち返すことで
アウトサイドイン(ダウンスイング)のスイングが身についてしまいます
アウトサイドインのスイング軌道ではスイング精度が下がり、打球も弱くなります

スローイングネット(丸ネット)に打ち込む

私はバッティングの基本は遠く飛ばすことだと考えています
何故なら
打球が高く遠くに飛ぶということは
投手の投げたボールに対して精度よくスイング軌道が入っている証拠だと考えるからです

だから

スローイングネットに真っ直ぐ打ち込む練習では精度の高いスイングは身に付きません
ライナー性の打球を打っても飛距離は出ません

飛距離を出す打球を打つ為には高く遠くに飛ぶ打球を打つ練習をしなくてはいけません
そのような打球を打った場合スローイングネットには打球は入らないはずです

だから私はフロントトスでのトスバッティングを推奨します

フロントトスのメリット

・実践に近い形で練習ができる
・正しいスイング軌道(インパクトの奥行き・幅)が身につく
・見極めの練習ができる

野球・ソフトボールというスポーツは
正面からくるボールを精度よく打ち返すことが出来るバッターがいいバッターと呼ばれます
だから
いいバッターになる為には
正面からくるボールをどれだけ精度よく打ち返せるようになるかが大切な訳です

斜め45°からのボールを精度よく打てても
真正面からのトスを精度よく打てなければ実践では結果は出ません
実際にそのような選手は沢山見てきました

だから
斜め45°からのトスバッティングを沢山するより
正面からくるボールを沢山打つ・見ることが大切だと思います

フロントトスのやり方

・3m程距離をとり真正面からトスアップをする
・打者は高く遠くに飛ぶ打球を意識して打つ
・見極めをしっかり行う
※詳しくは動画をご覧ください
※動画は①フロントトスの紹介 ②斜め45°のトス ③自宅での練習法 を紹介してあります

お家でできるフロントトス

自宅ではボールを使ってフロントトスをすることは難しいと思います

そこで私がお勧めするのは
バトミントンのシャトルを使ってのフロントトスです
※やり方は先程の動画に載せてあります

シャトルを上から投げてのシャトル打ちはよくやると思いますが
シャトルの羽がボロボロになると下記のような問題が起きてくると思います

変化して打ちにくい!
シャトルによってスピードが違って打ちにくい!
などの問題がよくあると思います

それではバッティングフォームが崩れる恐れがあります
しかし
シャトルでのフロントトスでは
羽がボロボロになってもシャトルが変化することなく打つことができ
自宅でも安全に行うことができると思います

是非やってみてください!

-練習法, 打撃

Copyright© 金沢河北ボーイズ【中学生野球チーム】 , 2020 All Rights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。