保護者さんの負担

保護者の負担について

現在野球人口の減少が野球界で大きな課題となっています。
その一つの原因として挙げられるのが、保護者の負担が大きいことだと思います。

そこで自チームが行っている保護者の負担を減らす取り組みについて紹介していきます。

練習のお手伝いはない

自チームはお父さんがノックを打ったり、ボール拾いをしたり、マシンの球入れをするなどといった練習のお手伝いをお願いすることは一切ありません。

 

お茶当番はありません

お茶当番・弁当当番などの当番制はありません。また保護者会もありません。
保護者の方が私達運営スタッフ・お客さん等への配慮は必要ありません。

あくまでも金沢河北ボーイズは、子ども達の為のチームです。保護者の方は、精一杯の配慮を我が子・または、団員に尽くしてください! 

 

 

 

グラウンドにずっといなくてもいい

自チームは練習のお手つだい、お茶当番などの当番制がないため、保護者の方がチームの為にグラウンドにいる必要がないため、ほとんどの保護者の方はグラウンドにいません。
もちろんチームの練習を観にグラウンドにいる方もいますが、チームのお手伝いをしてもらうことはありません

保護者応援はありません

自チームでは、大会前の保護者の応援練習、大会中のスタンドでの保護者応援は行っていません。
各自のスタイルで選手達に声援を送っていただければと思います

 

マイクロバスでの試合送迎

練習試合や大会で移動する際は、チーム専用のマイクロバスで移動を行っています。 だから、保護者の方に送迎のご協力をしていただくことはありません

硬式野球チームは保護者の負担が大きいし大変だ。良く耳にする言葉です。しかし、金沢河北ボーイズでは、保護者の方の運営面での負担ゼロを目指し、下記の様な取り組みを行っています。

 

年に1度の泊まり込み遠征

硬式クラブチームと言えば、遠征が多い・・・というイメージがあるかと思いますが、自チームは違います。年間スケジュール上は、泊まり込みでの遠征は各学年一回ずつです。(全国大会に出場などした場合は泊まり込みになる場合はあります)ですので、遠征面での心配は必要がないかと思います

チームから保護者にお願いすること

大会運営といい、支部より年に2回程度大会の運営を任されることがあります。
その際は、どうしても保護者の方のお力が必要になります。 
具体的な内容としては、審判・アナウンス・スコア―ブックの記入・本部設営などです

選手が自分で出来ることは自分でする

自チームは選手の自主性・主体性を伸ばすことを行っています
ですので、ご自宅でもその様に選手と関わっていただければと思います。
例えば①練習に行く準備は自分でする ②遠征の荷造りは自分でする など 

 

料金

①入団費 10,000円(入団時)

②活動費 12,500円(入団月より毎月)

③平日活動費 2,500円(月・木 希望者のみ入団時より毎月)

例①:15,000円なら土・日・祝のほかに、月曜日、木曜日の練習に参加できます。(おすすめ)

例②:土・日・祝日のみ参加希望の場合は、活動費のみ毎月12,500円

 

 

 

Copyright© 金沢河北ボーイズ【中学生野球チーム】 , 2020 All Rights Reserved.