練習法 打撃

石川県金沢市・かほく市 精度の高いスイングを身に付ける①

精度の高いスイングを身につける 3つの重要事項

私が考える精度の高いスイングを作る上で大切なことは3つあります。
今回はそのうちの1つを紹介していきます。

自分が描くスイングを再現せよ!

バッティングフォームを作る上でまず大切なことは、自分が目指すスイングのイメージを自分自身が持つことが出来ているか? ということです。
それはなぜか?
スイングを再現できないということは、
『自分のスイングを理解していない』ということだと考えています。

要するに
自分がどのように振っているか分からない! 感覚でボールに当てているだけです。
そのような状態では確率よく投手のボールにコンタクトすることは出来ません。

どのようにしてスイングの再現性(イメージ)を作っていくか?

ステップとして3つあります。

ステップ① インパクトまでの動作をTスタンドを使って確認する

 

ステップ② スイングの逆再生をする(振って戻す)

 

ステップ③ 構えからフィニッシュまでをスロー再生する

この3つの練習を反復行うことで、スイングの再現性は身についてきます。

 

なぜスイングの再現性が必要なのか?

理由は2つあります。
まず1つ目が、目指す形を分かって練習をする為です。

目指す形(目標)がはっきりしていれば技術が身に付くのも早いです。
そして
ブレる事もなくなると思います。

だからスイングの再現性を身につけてしまえば一人で素振りやTスタンドを使って練習しても
スイング軌道のイメージを持って練習ができる為スイングの精度がどんどん上がっていきます。

2つ目の理由が、調子の波が少なくなります。
調子の波が大きい選手の特徴として
自分のスイングが理解できていない選手が多いように思います。
だから
スイングの再現性を磨く事により
いざ調子を崩した時でも自分で修正することが出来るようになります。

崩れた時でも直ぐに修正出来るようになる!だからスイングの再現性が必要なのです。

スイングの再現性がない選手ってどんな人?

①空振りが多い選手
②どこのコースを打ったか分からない選手
③バットのどの部分にボールが当たったか分からない選手
④ボール球をよく振る選手
このような選手は、自分のスイングの再現性がないと言って良いと思います。

素振りをする前にスイングの再現性を磨きましょう!

-練習法, 打撃

Copyright© 金沢河北ボーイズ【中学生野球チーム】 , 2020 All Rights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。