取り組み 練習の特徴

練習の特徴

3班制を取り入れています

3班制度とは、チーム内を1班・2班・3班と分けて練習を行うことです。
EX:9:00~17:00の練習を行う場合はひと班3時間で下記のように行っています。
1班 9:00~12:00
2班 11:30~14:30
3班 14:00~17:00

自チームでは、2つのことを目的に3班制を取り入れています。

①練習の効率性を図る為
野球の練習のほとんどは待ち時間です。フリーバッティングするにしてもノックをを受けるにしても練習時間より待ち時間が多くなってしまいます。 これは野球の練習の特徴かもしれません。 
要するに、練習の参加人数を減らせば選手の待ち時間も少なくなり、同じ練習量でも短時間で行えます。 そして選手と指導者が関わる時間も増え、選手とのコミュニケーションもとりやすくなります。

②競争心を持たせる為
3班制の班は固定ではなく入れ替え制にしています。 だから昇格もあれば降格もあります。それも選手の競争心を煽る為です。 競争心を煽ることにより選手1人1人の意識が高くなり、選手の技術力UPにも繋がります。 そして何よりチームに活気が出て良い雰囲気で練習が行えています。

 

全体練習4割・自主練習6割

自チームのチーム理念の中に「個の能力をの伸ばす」という理念があります。 要するにチーム力を上げる事より1人1人の技術を磨くことに重点を置いています。 その為、チームプレーを磨く全体練習の時間より個の技術を磨く自主練習の時間に重きを置き練習しています。 

1週間のタイムスケジュール
月曜日(平日練習)18:30~20:30 自主練習
木曜日(平日練習)18:30~20:30 自主練習
土曜日(休日練習)3班制(3時間)全体練習(班練習)/自由練習(各自3時間程度)
日曜日(休日練習)3班制(3時間)全体練習(班練習)/自由練習(各自3時間程度)
※練習時間16時間 全体練習6時間 自主練習10時間 

全体練習はどの様な事を行っているか?
基本的には実践練習です。 ケースバッティングやケースノックなど実践練習がメインとなっています。選手達には、平日練習等で身に付けてきた技術を実践の場で発揮できるかを「試す場」という風に伝えています。 力を発揮できれば次のステップへ! 発揮できなければ原因を突き止め再度技術習得に挑む!という形になります。

自主練習と自由練習の取り組み方は?

自チームでは、個の技術を磨く為に自主練習・自由練に重点を置いて練習しています。

「自主練習」と「自由練習」は何が違うのか?
自主練習は、練習メニューの中に組み込まれている個人練習を指します。
自由練習は、参加自由な個人練習のことを指します。

では自チームでは、この個人練習のなかで選手達はどのように練習に取り組んでいるか?

選手達は、毎週野球ノートを記入しています。野球ノートには、指導者から指導を受けたこと、1週間で学んだことを記入して貰っています。
EX:インパクトまでのアプローチを良くするためにTスタンドインコースにセットして練習をする。その際に○○を意識することでインパクトまでのアプローチが良くなる。 左ひじ引くことで良い感覚を掴めた。

などといったような形で「何を練習するのか?」「どのようにするのか?」「実際にやってみて感じたことは何か?」などを記入してもらっています。
そのノートに記入した事をベースに自主練習・自由練習に取り組んで貰っています。
その他に
①自分のやりたい練習に取り組む
②グループを作って複数人で練習をする
など選手によって様々です。

 

Copyright© 金沢河北ボーイズ【中学生野球チーム】 , 2020 All Rights Reserved.