取り組み 練習の特徴

練習の特徴

① 全体練習5割・自主練習5割

自チームのチーム理念に「個の能力をの伸ばす」という理念があります。 
要するにチーム力を上げる事より1人1人の技術を磨くことに重点を置いています。
その為に、個の能力を伸ばす為に効率的な練習が自主練習だと考えています。

なぜ自主練習が効果的なのか?

それは、選手各々の課題に取り組むことが出来るからです。

当たり前ですが、選手それぞれ技術レベルが違えば課題も違います。
だから個の技術を伸ばす為には各々の課題に取り組むことが出来る自主練習が最適なのです。

自主練習の中で
「自分のやりたい練習」=長所を伸ばす練習
「やるべき練習」=短所を無くす練習
を行うことで個の成長に結びつけています! 

1週間のタイムスケジュール

月曜日(平日練習)18:30~20:30 自主練習
木曜日(平日練習)18:30~20:30 自主練習
土曜日(休日練習)全体練習(5時間)/自由練習(3時間程度)
日曜日(休日練習)全体練習(5時間)/自由練習(3時間程度)
※練習時間最大20時間 全体練習 10時間 自主・自由練習 10時間

全体練習はどの様な練習を行っているか?

基本的には実践練習です。 ケースバッティングやケースノックなど実践練習がメインとなります。 選手達には、平日練習・自主・自由練習で身に付けた技術を実践の場で発揮できるかを「試す場」という風に伝えています。 力を発揮できれば次のステップへ! 発揮できなければ原因を突き止め再度習得に挑む!というサイクルの中で成長に繋げています!

 

② 自主練習と自由練習の違いは?

個の技術を磨く為に自主練習・自由練習を取り入れています。

「自主練習」と「自由練習」は何が違うのか?

「自主練習」は、練習メニューの中に組み込まれている個人練習を指します。
「自由練習」は、参加自由な個人練習のことを指します。

では自チームでは、この個人練習のなかで選手達はどのように練習に取り組んでいるか?

 

③ 野球ノートの記入

自主練習・自由練習の中で多くの個別指導を行っているので、選手1人1人に指導している内容が違います。
その指導を受けた内容をノートに記入することで、頭の中を整理し、理解力の向上に繋げています。

また、チーム内での自主練習・自由練習の中で正しく練習をしなければ、当たり前ですが選手の成長に繋がりません。 
だから指導を受けたことをノートに記入し、正しく取り組めるようにしています。

そして、毎週土曜日に1週間で学んだこと、練習をして感じたことを記入して提出して貰い、指導者陣がチェックしています。 
指導で伝えたことが伝わっているか?いないのか?をチェックすることで、選手の成長に繋げています。

 

④ 冬季練習は、3班制を取り入れています

3班制度とは、チーム内を1班・2班・3班と分けて練習を行うことです。
EX:12:00~20:00の練習を行う場合はひと班3時間で下記のように行っています。
1班 12:00~15:00
2班 14:30~17:30
3班 17:00~20:00

※シーズン中(4月~11月)は13:00~18:00で全体練習を行っています。

3班制を取り入れる3つの目的

①練習の効率性を図る為
野球の練習のほとんどは待ち時間です。
バッティング練習をするにしてもノックをを受けるにしても人数が多くなれば、待ち時間が多くなってしまいます。
それでは、選手の集中力も落ち、練習効率・練習の質共に悪い練習になってしまいます。 
要するに、練習の参加人数を減らすことにより(ひと班10人程度)、選手の待ち時間も減り、同じ練習量でも短時間で集中して行うことが可能になります。 

②選手一人一人に関わる時間の確保
オフシーズンは試合・実践練習を行えない分、技術を身に付けるのには最適の時期だと思います。
そして、技術を身に付ける為にその為に一番最適な方法がマンツーマン指導です。
3班制にすることにより、選手一人一人と関わる時間を多く確保することが出来、選手一人一人に事細かな技術指導をすることを可能にしています。

 

③競争心を持たせる為
3班制の班は固定ではなく入れ替え制にしています。 だから昇格もあれば降格もあります。それも選手の競争心を煽る為です。 競争心を煽ることにより選手1人1人の意識が高くなり、選手の技術力UPにも繋がります。 そして何よりチームに活気が出て良い雰囲気で練習が行えています。

春・夏・秋・冬の中で一番成長出来る時期が冬だと思います。 
この冬をどれだけ頑張れるかによって、来年の春・夏の結果が変わってきます。 
それだけオフシーズンは重要な時期です。

ただオフシーズン中は、試合・大会がない分、自分自身の成長を実感することが難しく、モチベーションを保つことが難しい時期でもあります。 

そこで行っているのが3班制の入れ替えシステムです。 

入れ替えシステムを取り入れることで、選手同士の中で緊張感が生まれ、良い雰囲気の中で練習に取り組めています。 
昇格すれば抱き合って喜ぶ選手もいるくらいです。
それだけ選手達は必死になってオフ練習に取り組めているのも入れ替えシステムがあるからこそだと思います。

 

Copyright© 金沢河北ボーイズ【中学生野球チーム】 , 2022 All Rights Reserved.